キャッシングを利用する際には、消費者金融だけでなく信販会社であっても多くのケースで、残高スライド元利定額リボルビング方式が採用されています。元金定額返済や分割払いといった複数の支払い方法がある中で、残高スライド元利定額方式が採用される理由は、貸金業者が儲かるからです。

 

利息を計算する時には、元金に対して金利を掛けた上で日数分だけ日割り計算します。返済額のうち元金が占める割合が少なければ、いつまでも元金が減らずに貸金業者の利益が増えるでしょう。

 

リボルビング払いだけでなく、残高スライド方式を採用している点は、最小返済額を一定としてしまうと元金が減った時にすぐに完済されてしまうからです。

 

キャッシングは利用限度額の範囲内で繰り返し貸し借りが出来る制度ですから、完済に至らずに繰り返し借りて貰えれば貸金業者にとって毎月利息を得られる上顧客となるわけです。完済を早く行いたいならば、残高スライド部分に着目して、最も返済額が多い時と同じ金額で返済を続ければ良いでしょう。

 

最小返済額を上回る部分の返済額は、そっくり元金返済に充てられるからです。返済回数が多くなりがちなリボルビング払いを、自分で実質的に均等な分割払いとしてしまえば、元金を早く減らせる分だけ総利息も少なく出来ます。