キャシングの返済をATMでできるのがアコムの魅力の一つですが、実は手数料がかかる場合と、かからない場合があることはあまり知られていないように思います。そもそも手数料が発生していようが気にならない金額でしょ?と手数料自体の有無に関心のない方もいると思います。

 

ですが、せっかく便利に活用しているキャッシングですから、ATM返済において手数料が発生していることは知っておいて損はないはずです。ATMで返済ができるのって、ユーザーにとっては便利なことですからメリットしかないと思ってしまうのは仕方のないことですが、数百円の手数料とは言え、返済期間中ずっとかかってくるとなるとたいした金額になってしまいますよ。

 

アコムの場合、アコム専用ATMの利用の場合は手数料は一切かかりません。アコム専用のATMは有名な「むじんくん」とは違うものですので気をつけて下さい。手数料が発生するのは、コンビニや銀行などの「提携ATM」と呼ばれるものになります。細かくカテゴライズすると、「提携コンビニATM」と「提携銀行ATM」です。24時間利用できるコンビニのATMは自宅や会社のそばに見つけやすいはずですから便利ですよね。

 

銀行のATMもなにかと便利なはずです。どちらもとても便利なんですが、手数料が発生するのです。提携ATMでの手数料は、1万円以下の返済で「108円」、1万円を超える返済で「216」円の手数料がかかってきます。この具体的な数字、1回の提携ATM利用時の手数料ですから、わずかな金額と思う方が殆どだと思いますが、仮に「216円」の手数料を24回、2年間続けたとしたらどうでしょう。実に「5184円」の手数料が発生してしまうのです。

 

計画的にキャッシングを利用するのであれば、返済以外の手数料にも気をつけて、返済計画も計画的に行うのが賢いキャッシングの利用と言えるのではないでしょうか。