アコムでキャッシングをしているユーザーの方が、利用限度額を確認したいと言う時があると思うのですが、キャッシングにおいての「利用限度額」と言う言葉にはちょっと注意が必要です。多くのユーザーが思うところの「限度額の確認」は、ユーザー自身に設定された「利用可能額」の確認がしたいと言うケースが殆どです。「限度額」と「可能額」はなんとなく同じ意味のように捉えられがちなのですが、全く違う意味の言葉であり内容なのでしっかり理解しておいて損はありません。

 

「利用可能額」とは、ユーザー一人一人に設定されたキャッシングできる金額のことになります。「利用限度額」とは、アコムが会社としてお客様に貸し付けをできる金額のことになります。

 

アコムの場合ですと最大で500万円まで貸し付けできます。尚、この「利用限度額」のことをアコムでは「極度額」と表記しています。ややこしいですが、アコムでは「限度額」=「極度額」と言うことになります。「極度額の確認」=「限度額の確認」となりますから、「極度額」「限度額」の確認は、アコムと言う会社に対して、いくらまで貸し付けしているのかを確認することになります。

 

ユーザーご自身のキャシングの金額を確認する時には、「利用可能額の確認」と言う言葉が適切になります。例えば50万円の利用可能額を持っているユーザーの方が、自分はいくらまで借りられるんだったけな?となった場合には「利用可能額」の確認をすることになります。ここを間違えて認識してしまいますと、トラブルの原因にもなりますから重要なポイントとなってきます。

 

仮にアコムに対して個人の枠を聞いてるつもりで「限度額」「極度額」と言う言葉を使ってしまいますと、「500万円です」と言う返事が返ってきてしまう可能性があります。そこで勘違いをしてしまい、自分は500万円まで借りられるんだと思ってしまったら大変ですよね。ややこしい金額にまつわる言葉ですが、しっかり把握しておきましょう。