アコムと言えばキャッシングですよね。そんなアコムがクレジットカードを発行していることはあまり知られていないようです。「アコムマスターカード」がアコムが発行しているクレジットカードです。キャッシングの為だけのアコムカードとは違い、マスター加盟店であればショッピングにも利用できるクレジットカードです。

 

通常のクレジットカードの審査基準ではなく、キャッシングやカードローンの審査基準で審査が行われることから、審査に通りやすいと言われていますので人気が高まっています。クレジットカード機能のついたキャッシングカードとして考えても利便性が高いのは明らかですよね。

 

またクレジットカード発行までの時間が他のクレジットカードと比べて断然に早いことも人気の理由です。ですが、キャッシング機能のついたクレジットカードと言う視点から考えますと、少しだけデメリットな要素も出てきます。通常のクレジットカードですと、「ETC」の機能を自由に選択できるのがスタンダードですが、アコムマスターカードには「ETC」機能は付いていません。オプションで付けることもできないようになっています。

 

クレジットカードと言えば、ショッピング等でたまる共通ポイントをイメージする方が多いと思いますが、アコムマスターカードは共通ポイントの共有が一切できません。スタンドアローンカードどして、ショッピング枠があるクレジットカードと言うことになります。つまり、クレジットカードとしてショッピングのクレジット枠が設けられているカードなのですが、海外旅行の保険や、ショッピングの保険と言ったクレジットカードならではの特典みたいなものが付いていない、カードローン専用のクレジットカードと言う印象が強いものとなっています。

 

ハードルが高くなくて、スピーディーに発行されるクレジットカード。特典などはないけれど、キャッシングカードにクレジット機能がついているクレジットカード。どちらの視点から捉え、いかに便利に活用するかはお客様次第と言うことになります。